結婚を決めたなら知っておきたい!婚約指輪と結婚指輪の違いとは?

婚約指輪が持つ意味とは

婚約指輪が持つ意味合いとしては、結婚することを約束したパートナーに対して、その証になるものとしてプレゼントする指輪ですよね。普段から身につけることもありますが、記念品という意味合いでプレゼントされることも多いですよ。そのため高価で特別感を実感できるものが選ばれるということもあります。やはり素敵なダイヤモンドを使った指輪が有名ですよね。ダイヤモンドの硬度が高いということがパートナーとの絆の硬さを表していて、ダイヤの透明な輝きが清廉な花嫁のイメージにそぐうという考え方もありますよ。

結婚指輪とはどういう指輪?

結婚指輪は、実際に結婚をしたパートナー同士がその誓いの証という意味合いでそれぞれ身につけるためのものですよね。こちらは婚約指輪と違い、ほとんどの人は普段から常に身につけるものなので、過度な装飾があるものよりは控えめでシンプルなものが好まれることが多いですよ。二人で同じ指輪を常時指につけるということ自体が二人の絆をより強くするという考えがあります。これから結婚をするという方は、こうした違いに気をつけて指輪選びをしてくださいね。

婚約指輪と結婚指輪を同じ指輪にすることも

最近では婚約する時に、婚約指輪を買って渡すというような格式ばったことをする風習は以前ほど強くはなくなってきています。それは、婚約指輪をもらっても婚約期間中にしか使用しないし勿体無いという理由や、婚約指輪にかける費用を挙式や披露宴、新婚旅行に使った方が合理的だという理由もあるためでしょう。婚約指輪と結婚指輪を同じ指輪にすることでより豪華な指輪を結婚後に身につけるということができますよね。二人や家族と相談をして一番良い方法を選びましょう。

婚約は結婚について双方が合意した契約で、その際に交わされるのが婚約指輪です。男女とも左手の薬指につけます。