結婚指輪はいつ準備?結婚式までが当然とは限らない

結婚指輪は結婚式の大切なアイテム

結婚指輪は二人の契りを示す証として重要なものですよね。結婚式での指輪交換は一大イベントとして当然行うものと考えている人も多いでしょう。結婚指輪は結婚式の大切なアイテムなのは確かですが、指輪交換はチャペル式の結婚式で行われているものです。神前式の場合には必ずしも行われるものではありません。もともと西洋の文化として指輪交換が行われているため、東洋式の結婚式の場合には必ずしも行われるわけではないのです。

両家の顔合わせで必要なこともある

神前式でも指輪交換を行う場合もあるため、やはり結婚式に結婚指輪が大切なものであるのは確かです。しかし、本来の伝統を崩してしまうと考えて結婚式以外のタイミングで指輪交換をする場合もあります。二人だけで行うという場合もありますが、やはり証人が欲しいと考えて両家の顔合わせで行う場合もあるので注意しましょう。地域によって伝統的な風習があるのでタイミングも様々ですが、初めての顔合わせでもう必要という場合もあるのです。

困ったときには仮の指輪で対応

結婚指輪の準備には時間がかかりがちです。急に必要になったときには仮の指輪で対応しましょう。購入するのは高いと感じてもレンタルをすればそれほど費用はかかりません。結婚式の当日に結婚指輪が間に合わなかったというときもレンタルなら即日で手に入れられるので心配はないでしょう。困ったときには仮の指輪を準備すれば良いとわかっていれば結婚指輪を選ぶのに焦らずに済みます。いざというときのために頭の片隅に入れておきましょう。

一生の記念になる結婚指輪ですが、エンゲージリング程に高いものを選ぶよりはデザイン性などを重視するといいでしょう。